ケンブリッジ大学出版局、検閲受け入れに対する批判に対応 Cambridge University Press responds to criticism of censorship

  • 2017/09/28
  • エディターの視点
Article image

– G.A., Senior Editor

In its long history, Cambridge University Press has provided a place for researchers to discuss controversies regarding politics and science. However, in August 2017, Cambridge University Press found itself at the center of a global controversy over censorship and access to academic research. In a press release, Cambridge University Press disclosed that it had received and complied with a request from a Chinese import agency to block access to individual articles published in The China Quarterly, a scholarly journal focused on contemporary China. The articles subjected to the access restriction covered topics including China’s Cultural Revolution and the Tiananmen Square protests, which are sensitive topics for the Chinese government.

 

The initial announcement resulted in a rapid backlash online with some researchers calling on a boycott of Cambridge University Press. Faced with harsh criticism for seemingly placing business interests over the integrity of academic research, Cambridge University Press quickly reversed the initial move to comply with the request and published an updated press release emphasizing their dedication to providing access to publications to academics around the world.

 

Both culture and science have histories that are full of embarrassing and dark periods. Like scientists, governments should be willing to look back on these periods to learn valuable lessons. Therefore, rather than using digital tools to limit access to information, these tools should be used to further expand access so that these lessons can be learned by as many people as possible.

– G.A., シニアエディター

英国のケンブリッジ大学出版局は、その長い歴史を通じて、研究者に政治や科学に関する論争について議論する場を提供してきました。ところが2017年8月、出版局が検閲を行い、学術研究に対する自由なアクセスを制限したことから、出版局自体が世界的な論争の的となりました。同大学出版局はプレスリリースの中で、現代中国に関する学術誌「チャイナ・クォータリー」に掲載された複数論文へのアクセスを遮断するよう中国の輸入業者から要請があり、それに従ったことを認めました。検閲対象となった論文は、文化大革命や天安門事件など、中国政府にとって微妙な問題を扱っていました。

 

ネット上では上記の発表に対する非難の声が相次ぎ、同出版局の出版物のボイコットを呼びかける研究者も現れました。「公正な研究活動よりも、ビジネス上の利益を優先しているのではないか」との強い抗議を受け、同出版局はその後すぐにアクセス遮断の措置を撤回し、世界中の研究者に出版物へのアクセスを提供する姿勢を強調したプレスリリースを改めて発表しました

 

歴史を振り返ると、文化にも科学にも、重苦しく暗い時代がありました。科学者だけでなく政府も、自ら進んで過去を正視し、歴史から教訓を学ぶ必要があります。そのため、デジタルツールは、情報へのアクセスを制限するためではなく、情報へのアクセスを更に拡大するために使用されるべきです。そうすれば、より多くの人が価値ある教訓を学ぶことができます。

特集記事へのご意見・コメントをお待ちしております。
コメント欄より投稿し、読者の皆様とシェアしてください!

基本ルール: 文字数制限はありません。批判的なご意見も公開いたしますが、中傷するような発言は控えてください。
ご本人確認: お名前やご所属名をお書き添えの上ご投稿ください。コメント公開時にはイニシャルのみといたします。

 

※内容によりコメントの公開を控えさせていただく場合がございます