ビル&メリンダ・ゲイツ財団と『サイエンス』、オープンアクセスで合意 Bill & Melinda Gates Foundation reaches open access agreement with Science

  • 2017/03/30
  • エディターの視点
  • オープンアクセス
Article image

– G.A., Senior Editor

Founded in 2000, the Bill & Melinda Gates Foundation is leading the way in venture philanthropy. Supported by a massive endowment, the foundation is involved in the fight against serious global issues ranging from the eradication of communicable diseases to improving nutrition in the world’s poorest countries. In addition to programs “on the ground” in underdeveloped nations, the Gates Foundation also funds a diverse range of scientific research that is being conducted at leading universities. To ensure that the results of this research become available to everyone, even underfunded researchers in developing countries, the Gates Foundation instituted a strict open access policy.

While requiring researchers to publish their findings in open access journals has been viewed as an important and progressive step, it was clear from the enactment of this policy on January 1, 2015, that this requirement would limit the range of journals to which Gates Foundation-funded research could be submitted. Specifically, researchers would be prevented from submitting to Science, Nature, and other leading journals.

Thankfully, in February 2017, the Gates Foundation reached an agreement with the American Association for the Advancement of Science (the publisher of the Science family of journals) that would allow research funded by the Gates Foundation to appear in Science journals with full open access, rather than the usual pay-to-view access. Importantly, this agreement does not include any embargo period during which access is available only to those who pay for a set period of time.

While open access and commercial publishing are often seen as adversaries, both models are focused on the dissemination of research findings. As this agreement demonstrates, proponents of both models should be willing to negotiate in order to ensure that findings that could save hundreds of thousands of lives in underdeveloped countries are made available immediately to those scientists who need them most.

– G.A., シニアエディター

2000年に創設されたビル&メリンダ・ゲイツ財団ベンチャー・フィランソロピーを先導しています。同財団は大規模な寄付に支えられ、伝染病の根絶から世界の最貧国における栄養状況改善まで、世界規模の深刻な課題への取り組みに関与しています。開発途上国の「現場での」プログラムに加え、同財団は一流大学で実施されている多様な科学研究にも助成しています。この研究成果を資金不足に直面する途上国の研究者を含め誰もが利用できるようにするため、同財団は厳格なオープンアクセスポリシーを制定しました。

オープンアクセスジャーナルで研究成果を発表するよう研究者に求めることは重要で進歩的な一歩とみられていますが、その一方、この要求により同財団から助成を受けた研究が投稿され得るジャーナルが制限されることは、2015年1月1日のポリシー制定時から明白でした。つまり、このポリシーは「サイエンス」や「ネイチャー」などの一流ジャーナルへの投稿を禁ずるものだったのです。

幸い2017年2月に、同財団とアメリカ科学振興協会(「サイエンス」系列のジャーナルの出版社)は、同財団から助成を受けた研究を、従来の購読料を課す形式ではなく完全なオープンアクセス形式で「サイエンス」系列のジャーナルに発表できるようにする合意に至りました。また、重要なことに、この合意は一定期間分の購読料を支払った人だけがアクセスできる公開猶予期間を一切含みません。

オープンアクセスと商業出版はしばしば対立するものとみられますが、どちらも研究成果の普及を目的としていることには変わりありません。この合意が示すように、開発途上国の数十万もの命を救い得る研究成果を、最も必要としている科学者がすぐに利用できるようにするため、両モデルの支持者は前向きに交渉する必要があると言えるでしょう。

特集記事へのご意見・コメントをお待ちしております。
コメント欄より投稿し、読者の皆様とシェアしてください!

基本ルール: 文字数制限はありません。批判的なご意見も公開いたしますが、中傷するような発言は控えてください。
ご本人確認: 可能な限りお名前やご所属名をお書き添えの上ご投稿ください。コメント公開時にはイニシャルのみといたします。

 

※内容によりコメントの公開を控えさせていただく場合がございます