科学者同士が手紙でやり取りしていた時代を思い出してみませんか? Remembering the importance of handwritten correspondence in science

  • 2017/06/29
  • エディターの視点
Article image

– M.L., Editor

The internet has had an incredible impact on our daily lives and its effects on the academic publishing industry cannot be overstated. The ability to read accepted manuscripts before they appear in print, search the literature for similar studies, and reach potentially millions of readers are clearly beneficial and have promoted the dissemination of science at a speed that was not previously possible.

 

Before the internet, the only way to get a science manuscript that was not carried by your department or university was to submit a written request for a copy to a library, or for a reprint to the author directly. The author would then send you a reprint of their paper – one of the 20 or so bound hardcopies of their manuscript that they received from the journal.

 

The benefits of this system were that it promoted correspondence and collaboration between authors, they could see which labs and researchers were interested in their work, and they could infer the value of their work by how many reprint requests they received. The process was slow, but it was personal.

 

Things have changed a lot since then. Today we rely on citation indexes to gauge the influence of papers, we download papers in PDF format from the journal directly, and correspondence between authors at this stage is no longer necessary. Clearly, the internet-based approach is faster and more efficient, but sometimes reflecting on what the new system replaced is also worth considering.

– M.L., エディター

インターネットの普及で私たちの生活は劇的に変化しました。その影響は学術出版業界にも及び、受理された論文を出版前に読んだり、類似文献を検索したり、何百万もの読者に論文を読んでもらうことが可能になりました。これらはインターネットの明確なメリットであり、インターネットが業界に及ぼした影響はいくら強調しても強調しすぎることはありません。インターネットのおかげで、ひと昔前なら考えられないようなスピードで科学が普及するようになりました。

 

インターネットのない頃は、自分の所属する大学や学部に所蔵されていない科学論文を入手するには、書面で図書館にコピーの取り寄せを頼んだり、著者に直接リプリントの送付を依頼したりしなければなりませんでした。著者は投稿論文が受理されると出版社から自分の論文の別刷りを20部ほど受け取るので、リクエストをもらったときは1部ずつ送付したものです。

 

この方法のメリットは、研究者同士のやり取りや連携を促すことや、どの研究室や研究者が自分の研究に関心を持っているのか分かること、そしてリプリントのリクエスト数で研究の価値を推測することもできることでした。時間がかかったものの、パーソナルなつながりが生まれました

 

しかし、時代は変わりました。今では論文の影響度を測るのに引用索引を用い、論文のPDFファイルをジャーナルのサイトから直接ダウンロードします。この段階で研究者同士がやり取りする必要はもうありません。インターネットを使えば、手早く効率的に欲しい論文が手に入ります。それでもときには、新しいシステムによって何が失われたのかじっくり考えてみることも大切ではないでしょうか。

コメント

  • {{msg}}

※内容によりコメントを削除させていただく場合がございます

  • 2017/06/30
  • 何れかの評価をご選択ください

You’re right. Connections are easier to make today on social media platforms such as ResearchGate, but, some would say they are less intimate. Thank you for your opinion. – FORTE Editorial Department

  • 2017/06/29
  • まあ有益だった

確かにsnail mailでのやり取りはなくなりましたが、e-mailでは頻繁に個人的なやり取りをしていますし、Researchgateなどのプラットフォームを使ってのつながりはできているので、むしろ便利になったなあというのが実感です。これがパーソナルなつながりでないと言われればそれまでですが、つながれなかった人ともつながれるようになったという方が大きいかも知れません。