過ちはコンピューターの常:機械翻訳が人間の翻訳者に追いつけない理由(後編) To err is computers: Why machine translation cannot catch up to human translators [Part 2 of 2]

  • 2017/02/23
  • エディターの視点
  • 翻訳
Article image

[Click here for Part 1]

 

– K.N., Senior Translator

Third, because machine translation relies too heavily on dictionary definitions and produces overly literal translations, it struggles with figurative language, euphemisms, false friends, jargon, colloquialisms, neologisms, and various other facets of language.

 

Fourth, because machine translation possesses neither good grammar nor the ability to properly rearrange text, it often results in sentences that are so grammatically unsound and unnatural as to be incomprehensible, a weakness that is amplified in the case of language pairs with significant grammatical differences such as Japanese and English.

 

Finally, what one says in the source text may not necessarily match what one means. The source text may contain errors such as typographical errors and mistakes in punctuation, grammar, and logic. Whereas these issues can be picked up by a trained eye, computers cannot detect, much less correct, such errors, and thus reflect them in the translation. There may also be ambiguities in the text, particularly in long, convoluted sentences that are difficult to parse (which are common in Japanese writing). It takes an intimate knowledge of the source language and subject matter to untangle and determine the meaning of such sentences.

 

Therefore, translation cannot be performed simply by substituting each word or phrase with the equivalent expression in the target language. Translation is not a process of decoding of words, but one of complex rendering of the meaning (both explicit and implicit) based on the context. It thus requires the deep insight, linguistic sensibilities, and flexible thinking of an informed human mind, and is far too intricate to be performed using a simplistic, probability- or prediction-based, by-the-book approach such as machine translation—a fact that no amount of technological advances or artificial intelligence, or even the arrival of the singularity, can change. Unlike cars, surgery, and shogi, translation is not a technology, science, or a game; it is an art that requires the human touch. Consequently, computers remain inept and unreliable translators, and will never be able to catch up to human translators.

[前編を読む]

 

– K.N., シニアトランスレーター

第三に、機械翻訳は辞書的定義に頼り過ぎる特徴があり、逐語訳を生成しがちです。そのため、比喩的表現、婉曲表現、空似言葉、業界用語、口語表現、新造語などの言語の多様な側面に対応することが難しいのです。

 

第四に、機械翻訳は文法理解力に欠けていて、単語を適切に並べ替えることができません。このため、文法的に間違った不自然な文を合成し、意味の通らない翻訳になりがちです。日本語と英語のように文法が大きく異なる言語間では、こうした欠点は増幅されてしまいます。

 

最後に、原文に「書いてある」ことが書き手の「言わんとしている」ことだとは限りません。テキストには表記や句読点、文法上の誤り、論理の飛躍や破綻があるかもしれません。熟練した翻訳者であればこのようなミスに気づき、訂正することができますが、コンピューターは訂正どころかミスに気づくことさえできません。そのため、間違いがそのまま翻訳文に反映されてしまいます。また、原文に曖昧さが存在する場合、特に (日本語にありがちな) 分解するのが難しい長く複雑な文章は、解釈し辛いです。そのような文章を適切に分解し、正確に解釈するには、ソース言語と原文の内容に精通していなければなりません。

 

つまり翻訳は、個々の単語やフレーズを別の言語の等価表現に置き換えるだけで完成するものではないのです。翻訳とは原文の「単語」にひとつずつ訳語をあてる作業ではなく、文脈に基づいて (明示的・暗示的な)「意味」を訳出する複雑な作業であり、人間の深い洞察力、優れた言語感覚、柔軟な思考能力が必要とされるのです。このプロセスはあまりにも複雑なため、機械翻訳の確率モデルや予測モデルに基づいた単純で杓子定規なアプローチではうまくいかないのです。どんなに技術が進歩し、人工知能が発達しても、あるいはシンギュラリティが到来しても、この事実は変わらないでしょう。自動車、外科手術、将棋と異なり、翻訳はテクノロジーや科学、ゲームではありません。翻訳はアートであり、人の感性や人間味が求められるのです。そのため、機械翻訳は依然として低品質で信頼できないレベルであり、今後も人間の翻訳者に追いつくことはないでしょう。

コメント

  • {{msg}}

※内容によりコメントを削除させていただく場合がございます