Googleが「クラシック」論文に注目 Google highlights “classic” papers

  • 2017/07/27
  • エディターの視点
Article image

– G.A., Senior Editor

While the attention of the general public is often drawn to new and exciting scientific findings that are reported in the media, scientists are more interested in the long-term impact of published findings. Since its launch in 2004, Google Scholar has provided the general public with a searchable index of peer-reviewed research for accessing notable studies. Google Scholar has even allowed scientists to create personal profiles that list their fields of interest and track their citation counts.

 

As an exercise in measuring the long-term impact of published papers, Google Scholar recently published a list of “classic papers” that represents the 10 most cited articles in a wide range of fields (as of May 2017). Rather than offer a list of the most cited papers published in the past decade, Google Scholar’s classic papers were all published in 2006.

 

In the rapidly changing world of science, 10 years can be considered a long period of time. But, as these classic papers show, in any field, a select number of publications will stand the test of time and continue to be cited many years after their initial publication.

 

Looking through this collection of papers, we can see that many of the topics, such as artificial intelligence and the human genome, are still the focus of intense research and public interest today. Although it is impossible to know what the future holds, it is interesting to wonder what studies that have been published so far in 2017 will be considered “classic” in 10 years’ time.

– G.A., シニアエディター

一般市民はメディアが発信する最新の画期的な科学的成果に注目が向きやすいのに対し、科学者は発表済み研究の長期的なインパクトに強い関心を持ちます。Googleは2004年にGoogle Scholarのサービスを開始し、査読済み論文を検索可能なインデックスにすることで、研究者でなくても重要な論文にアクセスできるようにしました。また研究者は、個人プロフィールを作成して自分の興味のある分野を登録したり、自分の論文の被引用件数を確認することもできます。

 

Google Scholarは先日、発表済み研究の長期的なインパクトを評価する試みの一つとして、「Classic Papers」のコレクションを発表しました。これは2006年に発表され、(2017年5月時点において)幅広い分野のそれぞれの分野で最も引用された論文を10本ずつ選んだリストで、過去10年間に出版された最も引用された論文のリストではありません。

 

めまぐるしく変化を続ける科学界では、10年というと長い年月のように感じます。ただ、「Classic Papers」のコレクションが示すように、どの分野にも時の試練に耐え、出版後何年経っても引用され続ける論文があるのです。

 

「Classic Papers」にリストアップされた論文を見ると、人工知能やヒトゲノムなど、多くのトピックについて現在も精力的な研究が行われており、一般の関心も高いことが分かります。今年これまでに発表された研究のうち、10年後にどれが「Classic Papers」になっているでしょうか。将来を予測することは難しいですが、想像するのは楽しいものです。

特集記事へのご意見・コメントをお待ちしております。
コメント欄より投稿し、読者の皆様とシェアしてください!

基本ルール: 文字数制限はありません。批判的なご意見も公開いたしますが、中傷するような発言は控えてください。
ご本人確認: 可能な限りお名前やご所属名をお書き添えの上ご投稿ください。コメント公開時にはイニシャルのみといたします。

 

※内容によりコメントの公開を控えさせていただく場合がございます