ピーナッツアレルギー免疫療法のブレイクスルー Breakthrough in immunotherapy for peanut allergy

  • 2017/09/28
  • サイエンスニュース
Article image

In addition to being consumed in large quantities alone or in other foods, peanuts are known to produce severe allergies in those with hypersensitivity. In fact, peanut allergy is the most common cause of food-related anaphylaxis death in Western countries.

 

Given the widespread use and consumption of peanut products and the life-threatening reaction that they can induce, a great deal of attention has been focused on preventing and treating peanut allergy. In August 2017, researchers at the Murdoch Childrens Research Institute in Melbourne, Australia, published important findings in The Lancet Child & Adolescent Health on the long-term effects of oral immunotherapy for peanut allergy. The researchers administered a probiotic with a peanut protein daily for 18 months to children with peanut allergy. Their results demonstrated that four years after receiving the daily probiotic with a peanut protein, 70% of the children were able to eat peanuts without experiencing any side effects.

 

Concern over potentially life-threatening food allergies has resulted in the implementation of precautions in hospitals, schools, and even airplanes. Given the difficulty of eliminating the potential for exposure to potentially deadly foods, the successful suppression of the allergic immune response to peanuts observed by these researchers offers hope that we will one day see a future in which both children and adults can live without fear that incidental contact to commonly consumed foods will pose a life-threatening risk.

ピーナッツは、そのまま食べたり料理に使用したりすることで大量に摂取されていることに加え、過敏性のある人には重度のアレルギーを引き起こすことで知られています。実際、ピーナッツアレルギーは、欧米諸国における食品起因アナフィラキシーによる死亡の最大の原因となっています

 

ピーナッツ製品が幅広く使用され、消費されていること、そして命にかかわる反応を引き起こす可能性があることから、ピーナッツアレルギーの予防と治療は高い関心を集めてきました。2017年8月、オーストラリアのメルボルンにあるMurdoch Childrens Research Instituteの研究者たちは、ピーナッツアレルギーの経口免疫療法の長期的効果に関する重要な発見をThe Lancet Child & Adolescent Healthで発表しました。研究者らは、ピーナッツアレルギーのある子どもにピーナッツタンパク質を含むプロバイオティクスを18カ月にわたり毎日投与しました。その結果、ピーナッツタンパク質を含むプロバイオティクスの連日投与から4年後、これらの子どもたちの70%が副作用なくピーナッツを食べることができることが確認されました。

 

命にかかわる可能性のある食物アレルギーを懸念して、病院、学校、さらには飛行機においてまで予防策が取られています。死に至る可能性のある食品への曝露を完全に防ぐことは困難です。それを考えると、上記の研究でピーナッツに対するアレルギー性免疫反応の抑制に成功したことは、子どもも大人も、広く普及している食品への偶発的な接触により命が危険にさらされるという恐怖を持たずに生きることができる未来がいつか実現するという希望を与えてくれます。

特集記事へのご意見・コメントをお待ちしております。
コメント欄より投稿し、読者の皆様とシェアしてください!

基本ルール: 文字数制限はありません。批判的なご意見も公開いたしますが、中傷するような発言は控えてください。
ご本人確認: お名前やご所属名をお書き添えの上ご投稿ください。コメント公開時にはイニシャルのみといたします。

 

※内容によりコメントの公開を控えさせていただく場合がございます