学術研究が技術の進歩に与える影響 The impact of academic research on technological advances

  • 2017/06/29
  • サイエンスニュース
Article image

The technological advances that benefit society are mostly the result of research conducted by industry or academia. Due to the recent efforts to cut research funding for universities, many have become interested in the impact of academic research on technological advances and the potential consequences of reducing research funding.

 

In April 2017, the Institute of Education of the University College London hosted Professor Steven Brint of the University of California, Riverside. Professor Brint gave a presentation on the research output of the leading universities in the US and the impact of academic research on the top 50 technological developments that occurred between 1955 and 2005. The audio and slides of Professor Brint’s seminar are available on the website of the Centre for Global Higher Education.

 

During his seminar, Professor Brint pointed out that among these top 50 inventions, academic researchers were directly involved in 40% of cases and 60% of cases relied on public research funding. Interestingly, rather than competing for funding and human resources, Professor Brint noted that universities and industry are partnering to create research centers that can help researchers turn important findings into products or services that can be introduced to the market.

 

As governments continue to eye research funding as an easy target for cuts, it is important to learn from researchers like Professor Brint the direct impact that publicly funded research can have on our daily lives.

社会に役立つ技術は、多くの場合、企業や大学における研究活動の成果として生まれたものです。近年の大学の研究費を削減しようとする傾向に伴い、学術研究が技術の進歩に与える影響や、研究費を削減した場合に想定される結果に関心が高まっています。

 

2017年4月、ロンドン大学教育研究所は、カリフォルニア大学リバーサイド校のスティーブン・ブリント教授を招いてセミナーを開催しました。ブリント教授は、米国の主要大学における研究成果と、1955年から2005年の間に開発された50の最も重要な技術に学術研究が与えた影響について発表しました。ブリント教授のセミナーの音声とスライドは、世界高等教育センターのウェブサイトで公開されています。

 

ブリント教授によると、これら50の最も重要な発明のうち40%は学術研究者が直接関与しており、60%は公的研究費の助成を受けています。また興味深いことに、大学と企業は研究資金や人材を奪い合うのではなく、連携して研究センターを設立し、重要な発見を実用化し製品やサービスにして市場へ導いているのです。

 

世界的に研究助成金は予算削減の対象になりやすくなっています。しかしブリント教授が指摘するように、公的助成を受けた研究が私たちの生活に直接影響を及ぼす可能性があることを考えれば、研究費は決して無駄な支出ではないと言えるでしょう。

特集記事へのご意見・コメントをお待ちしております。
コメント欄より投稿し、読者の皆様とシェアしてください!

基本ルール: 文字数制限はありません。批判的なご意見も公開いたしますが、中傷するような発言は控えてください。
ご本人確認: お名前やご所属名をお書き添えの上ご投稿ください。コメント公開時にはイニシャルのみといたします。

 

※内容によりコメントの公開を控えさせていただく場合がございます