社会貢献活動

FORTEは、企業の社会的責任はそれぞれの立場で社会に還元することであると考え、社会福祉活動に参加することを信条としています。この活動の具体的な内容としては、非営利団体・市民組織・人道組織等を対象としたプロボノ言語サービス、大学院生を対象とした学生支援プログラム、社員に対する社会奉仕活動の奨励があげられます。

プロボノ言語サービス

社会福祉活動に対する企業の責任というFORTEの基本的価値観に則り、非営利団体・政府機関・市民組織・法的機関・人道組織等の方々に、規定の範囲でプロボノサービスを提供させていただいています。専門家による翻訳、英文校正等のサービスを必要とするプロジェクトがある場合、私たちにお手伝いさせてください。ご要望に関して詳細なご説明をいただければ、ご要望の内容を検討しプロボノサービスの一環として、あるいは別の形でご協力できるかどうか確認させていただきます。

被災地救済活動へのプロボノ(無料)言語支援

FORTEは被災者救済活動に関わる医師・医療機関の皆さまに、救援活動に関わる公衆衛生告知などの多言語文書の作成支援を無料にて提供いたします。これは、弊社の社会福祉活動の一環として自主的にご提供するものです。Eメールでご依頼の場合は「個人情報の取り扱いについて」をお読みいただき、同意いただいた上で「プロボノ言語支援希望」としてinfo@forte-science.co.jp宛に原稿をご送付ください。

FORTE学生支援プログラム

ある学術論文が、予算不足で専門家による英文校正を受けられないために受理されないとしたら、科学者そして研究者のコミュニティー全体が損害をこうむることになります。FORTEの学生支援プログラムは、潤沢な予算を利用できる研究者の方々と同様に、大学生・大学院生の皆さまにも、質の高い英文校正サービスを提供するために考えられた、FORTE独自の支援プログラムです。 プログラムの詳細、お申し込み条件等については、サービスページにてご確認ください。FORTEは、キャリア形成の初期段階にあり、英文校正サービスを通常料金で利用することができない学生の皆様を支援することが、私たちの社会的責任であると考えます。学生支援プログラムは、FORTEが社会に還元するひとつの方法です。

科学教育

インテルが主催する 国際学生科学コンクール(Intel ISEF: The Intel International Science and Engineering Fair)への協力やISEFおよびジャパン・サイエンス&エンジニアリング・チャレンジ(JSEC: Japan Science and Engineering Challenge)に対する特別料金、プロボノサービスの提供によって、FORTEは科学教育・若き科学者の育成を積極的に支援しています。

ワールドコミュニティーグリッド(WCB)

FORTEは、ワールドコミュニティーグリッド(WCG)にも積極的に参加しています。WCGは人類に有益な研究プロジェクトに貢献する世界最大規模の公共のグリッドコンピューティングです。FORTEのコア・サーバーは、PCの使用が集中しない時間帯に、AIDS、エボラウイルス病、マラリア、腫瘍マーカー、クリーンエネルギー、環境モデリングなどに関連する世界規模のプロジェクトで集められたデータの計算に使用されています。

ボランティア活動

FORTEは全社員に対して、それぞれの地域社会のボランティア活動へ参加することにより、社会に貢献することを奨励しています。