FORTEの剽窃チェックサービスは、皆様が執筆された論文に剽窃・盗用と疑われてしまう箇所が含まれていないかを診断するサービスです。

メリット

  • 投稿前に論文の独自性を検証することで、原稿の信頼性と品質を確保することができます。
  • 引用の表記もれをはじめとする意図しない剽窃・盗用を理由に、投稿論文がリジェクトされてしまうリスクを防ぐことができます。

お申込み方法

お見積りフォームよりお申込みください。(ご希望のサービス欄で「その他」を選択、詳細欄に「剽窃チェック」とご入力ください。)

留意点

  • 診断はiThenticateを使って行われます。そのため、iThenticateソフトウェアで確認できる範囲を越えた剽窃・盗用を検出することはできません。
  • 検出された剽窃・盗用の可能性のある箇所の校正は、本サービスには含まれません。

 
【iThenticate】600億を超えるインターネット上のWebページ(アーカイブ含む)や出版物データベースをはじめ、世界最大のDOI登録機関・CrossRef配下でCrossCheck(iThenticate)を利用する出版社のコンテンツなど、豊富な情報源と照合できる盗用・剽窃チェックソフトウェアです。世界中の多くの研究者や学術機関、出版社で利用されています。