特集記事

エディターの視点

論文の類似性問題:どのくらいだと高すぎるのか?

- A.P., エディター

学術誌に論文を投稿したことがあるのなら、その際、剽窃行為の有無を調べられていたかもしれません。多くの学術誌では、投稿された論文とすでに公開されている論文との間の類似テキスト量を検出するために、iThenticateを利用したSimilarity Checkのような検出サービスを取り入れています。多くの著者が抱く疑問の1つは、類似度がどのくらいだと高すぎるのかということです。もう1つの疑問は、下回るよう努めるべき類似度の基準はあるのかということです。

続きを読む...

シュプリンガー・ネイチャーの高額なオープンアクセス料

- G.A., シニアエディター

2020年11月、大手学術出版社のシュプリンガー・ネイチャーは、著者がネイチャー関連誌に完全なオープンアクセスで研究成果を発表できる待望のプログラムを発表しました。2021年以降、このプログラムにより、現在これらの学術誌が採用している購読型の出版モデルに代わる選択肢が著者に提供されます。

続きを読む...

プレプリントの重要性の高まりを示す一例

- G.A., シニアエディター

査読を受けた研究結果の出版は、今なお学術界でアイディアを広めるためのゴールドスタンダードですが、正式出版前の情報共有は、著者たちによって長らく行われてきました。今日では多くの著者が、暫定版の研究論文を、関心を持つ世界中の研究者がアクセスできるオンラインプレプリントサーバーに公開しています。

続きを読む...

オープンアクセス出版の新しい価格決定モデル

- G.A., シニアエディター

学術研究誌を発行する大手非営利オープンアクセス出版社のPLOSは、オープンアクセス出版の先駆者であり、オープンアクセス・メガジャーナルであるPLOS ONE の創設者です。PLOSの取り組みのおかげで、今日の研究者たちはオープンアクセスジャーナルで論文を発表するプロセスに慣れ、また、査読を受けて発表された無数の論文を読む機会を手にしています。

続きを読む...