特集記事

エディターの視点

試験的なナショナルライセンスによる学術誌へのアクセス

- G.A., シニアエディター

学術誌購読料の高騰には、トップレベルの学術機関でさえも負担を感じています。世界クラスの図書館を維持するうえで生じる財政問題に対処し、オープンアクセスの拡大を出版社に促すために、一部の学術機関は、大手出版社が発行する学術誌の購読打ち切りも辞さない姿勢を示してきました。

続きを読む...

EUの著作権法改正

- G.A., シニアエディター

欧州連合(EU)の加盟国は、2年間にわたる議論を経て、著作権法改正案について合意に至りました。これにはヨーロッパの著作権法をデジタル時代に相応しいものに更新する目的があります。 既存の著作権法は2001年に成立したものであり、私たちがオンラインでコンテンツにアクセスしたり、コンテンツを公開、共有したりする様々な方法については想定していませんでした。

続きを読む...

ResearchGateがシュプリンガー・ネイチャーと提携

- G.A., シニアエディター

LinkedInFacebookInstagramなどのソーシャル・メディア・プラットフォームの拡大は、人脈を築き、つながりを作ることが人々にとって重要であることを示しています。ソーシャル・メディアはプライバシーに対する潜在的脅威であり、くだらない時間の浪費だと批判する声がある一方で、科学界の中で社会的つながりの力をうまく利用している科学者もいます。

続きを読む...

ユネスコの科学に関する勧告

- G.A., シニアエディター

ユネスコは、教育、科学、文化における国際協力を通して平和を広める活動を行っています。ユネスコの取り組みには政治家、科学者、政策立案者、ジャーナリスト、そして一般市民の間の協力が必要です。健全かつ効果的なプログラムの開発を実現するため、ユネスコは科学技術における倫理的問題を検討し、必要な勧告を行うことも求められています。

続きを読む...