特集記事

エディターの視点

名前を変えても著者が過去のクレジットを取得できるようにする

- G.A., シニアエディター

各分野で過去に出版された論文に対し、著者にしかるべきクレジットが確実に認められるようにするために、ORCiDやWeb of Science Groupの「ResearcherID」など、いわゆる「研究者識別子」が開発されてきました。こうした識別子は、似た氏名や同姓同名の研究者を混同しないよう、出版物とリンクできる専用の番号として著者に割り当てられます。

続きを読む...

研究における業界のバイアス:透明性は十分か?

- A.S., エディター

科学研究における潜在的バイアスと、そのバイアスへの対処の仕方は、研究活動の質および妥当性の重要な指標です。業界と研究機関との深まりゆく関係は学界の懸念材料となっており、特に生物医学分野では利益相反によるバイアスが懸念されています。

続きを読む...

プレデタージャーナルとの継続的な闘いで身を守る方法

- A.S., エディター

プレデタージャーナルとプレデター出版社は、学術コミュニティの公正性を脅かし続けています。プレデタージャーナルの存在はよく知られていますが、そのようなジャーナル・出版社を厳密に定義するのは困難でした。「プレデター出版社」という言葉は2010年から使われてきましたが、一致した定義が得られたのは2019年末になってからでした。

続きを読む...

インパクトファクター重視からの転換

- G.A., シニアエディター

大学や研究機関が、研究結果のオープンアクセス拡大を求める政府や助成機関からの圧力に適応するにつれて、新しい出版方式には科学的成果に対する新しい見方が必要であることが明らかになってきました。

続きを読む...