特集記事

エディターの視点

データ共有に関する日本の視点

- A.P., エディター

日本は、科学的な研究開発(R&D)における世界的なリーダーであろうと努めており、現在、R&Dに使う費用および研究成果に関して上位5か国に入っています。研究努力が強化されている側面の1つにデータ共有があります。データ共有は相乗効果を上げ、共同研究を促進し、意思決定の改善を可能にします。それでは、日本の研究者はデータ共有に対してどのような意見を持っているでしょうか。

続きを読む...

著者の貢献度を示すための新しいガイドライン

- G.A., シニアエディター

生物医科学分野では、ほとんどすべての論文に複数の著者がいるのが一般的で、各論文のタイトルページに記載される著者数は時が経つにつれて増え続けています。公正性と公平性が懸念される今日の社会環境で、オーサーシップ(著者資格)の指定も公平で公正に実施されているのか、一部の科学者の間で疑問視されてきました。

続きを読む...

「プランS」の始動を遅らせる発表

- G.A., シニアエディター

2012年、1月のエディターの視点に掲載したとおり、「プランS」は2020年1月1日に始動すると決まっていました。プランSとは、公的助成を受けた研究者が、自身の研究成果を発表することができる場を限定することを目的に、欧州の主要な助成機関が立ち上げた取り組みです。

続きを読む...

試験的なナショナルライセンスによる学術誌へのアクセス

- G.A., シニアエディター

学術誌購読料の高騰には、トップレベルの学術機関でさえも負担を感じています。世界クラスの図書館を維持するうえで生じる財政問題に対処し、オープンアクセスの拡大を出版社に促すために、一部の学術機関は、大手出版社が発行する学術誌の購読打ち切りも辞さない姿勢を示してきました。

続きを読む...