特集記事

エディターの視点

オープンアクセスに関するドキュメンタリー公開

- G.A., シニアエディター

大学の図書館や研究室、オンラインコミュニティでは、オープンアクセスのメリットやジャーナル購読料の負担について何年も前から熱心に議論されています。これまでは口頭や文書主体の意見交換でしたが、今年は新たな媒体を用いて情報発信が行われました。

続きを読む...

Brexitに備える科学者たち

- G.A., シニアエディター

イギリスは2016年の国民投票欧州連合(EU)からの離脱を決定しましたが、その後の足取りは遅く、先行きも不透明なものとなっています。イギリスがEU諸国との間に築いてきた長い歴史や緊密な関係を考えれば、明快な方向性を決めかねているのも無理はありません。円滑な離脱を実現するには、移民、貿易、安全保障といった問題に対処しなければならないからです。しかしそれだけではなく、科学者たちは、Brexitがイギリスの学術研究にもたらす影響について警鐘を鳴らしています。

続きを読む...

研究公正に関する懸念への対応

- G.A., シニアエディター

2012年、英国政府はリサーチ・カウンシルUK、国立衛生研究所、ウェルカム・トラストなどの機関と「研究公正を支援する協定」を公表しました。同協定では、専門性、倫理、法令に基づく研究を確実に行うための国家的な枠組みが示されています。

続きを読む...