特集記事

エディターの視点

「二重発表」という落とし穴を避けよう

- G.A., シニアエディター

研究者であれば、たいていが自分の研究を著名な国際ジャーナルで発表したいと夢みています。多くの日本人研究者にとって、国際的な発表の場へと続く道は、 研究成果を日本語のジャーナルで発表することで開かれます。しかし、ひとたび日本語で原稿が発表されてしまうと、通常は、同じ研究を英語で発表することがいっそう難しくなります。

続きを読む...

再投稿の締め切りに間に合わないかもしれない場合は

- G.A., シニアエディター

原稿は、受理されて学術ジャーナルに掲載されるまでに査読者レビューを1回以上受けるのが通例で、その間に執筆者がジャーナルの編集者や査読者のコメントを基に原稿をリバイズします。査読が好意的で、ごく小さなリバイズを求められるだけであれば再投稿の工程が比較的簡単なものとなる可能性があります。しかし、なかには、非常に長い時間と多大な努力を費やしてリバイズする必要に迫られる場合もあります。

続きを読む...